窓は防犯ガラスにするのがお勧め

泥棒の侵入手段。無施錠の次に多い「ガラス破り」その手口とは?

日本国内において年間86,000軒以上の侵入窃盗の被害が報告されていますが、そのうちの約6割が住居に対する侵入窃盗です。一戸建て住宅における侵入手段は「無施錠」の侵入が最も多く、次いで多いのが「ガラス破り」です。また、マンションなどの共同住宅に置いても同様の侵入手段が多くみられます。では「ガラス破り」とはどの様に行われるのでしょうか。例えば、窓ガラスやガラス戸にガムテープを貼り、ドライバーなどを使用し割った後、手を入れてサムターンやクレセント錠等を開ける方法があります。その他にも最近では、ガラス全体を切り抜いて窓を開けずに侵入する手口も発生しています。

そこで安全に住める家を造るために重要となる「窓」を、防犯ガラスにする事をお勧めします。

泥棒が嫌う窓?「防犯ガラス」の効果とは

それでは窓からの侵入を防ぐためにはどのような方法が効果的なのでしょうか。自分が泥棒になった気持ちで考えてみましょう。
まず一番避けたい窓は「破るのに時間がかかる窓」です。侵入するまでに時間をかければ近所の人に発見される可能性など、様々なリスクが高くなります。更に「大きな音のする窓」も厄介です。夜遅く住人が眠りについた時間、或いは人気のない時間を狙って泥棒をしに来たにも関わらず、窓を割る際に大きな音がしては計画が水の泡となります。
そんな泥棒の嫌がる機能を持つガラスが「防犯ガラス」です。
2枚のガラスの間に強靭で厚い特殊な板を挟み込んだ防犯ガラスは、ドライバーによる「こじ破り」や、バールなどによる「打ち破り」に強い抵抗力を持っています。また、割れた時に大きい音のするものにしておくことで更に防犯効果を高めます。